交通事故を起こさない

道路は、歩行者、自転車、バイク、車など色々な人たちや乗り物が移動するところです。
つまり、「自分さえ良ければ良い」とか、「きっと他の人たちが気を遣ってくれるだろうから大丈夫!」などの発想は危険ということです。
なぜなら、皆それぞれ視線が異なりますし、直接会話をしながら走行しているわけではありませんので、ちょっとしたことが危険に繋がる場合もあるからです。
ではどうしたら良いのでしょうか?そうです。
だからこそ、皆が共通して身につける「交通ルール」があるのです。
皆がちゃんとこれを守り気を付けることができれば、きっともっと交通事故数は減って行くことでしょう。

お子さんのいらっしゃるご家庭では、やはり子供の交通事故が気になるところだと思います。
これから小学校に入学するお子さん、或いは低学年のお子さんがいる方は、特に5月から7月と、夏休み明けの数か月間は注意してあげてください。
この時期、小学校低学年のお子さんが歩行中に事故にある数が多い傾向にあります。
時間帯を見てみると、14時から18時に起こっている交通事故が多いとのこと。
つまり、下校後から遊んで家に帰るくらいまでの間に、一番交通事故が多く発生しているということです。

原因は「飛び出し」ここからも、飛び出しがいかに危険な行為なのであるかが終わり頂けるかと思います。
ですから、家庭でもそのあたりのことをしっかりと教えてあげてほしいのです。
ここでは、交通事故について紹介します。



■特選サイト
弁護士に交通事故の被害相談をすることで慰謝料増額ができる場合があります --- 交通事故 慰謝料増額